« パーティーラッシュ1004 | トップページ | 日本酒 »

作品の素材?

安藤忠雄建築である21_21 DESIGN SIGHT自体にも一見の価値あり。

安藤空間に包まれて毎回思うことなのですが、安藤さんの作品からは現代の“和”を強く感じる。
「現代の」と付けたのは、“和”という言葉から昔の日本をイメージする人が多いから。
一般的に言われている“和柄”についてもそう。
これについては、私の意見をかなり色々な人にお話していますが。。。。
もう少し私の活動が伴ってきたら、しっかりとお伝えできる日が来ると思います。
言葉では伝えきれない部分を、作品で補う。
本当は逆?作品で伝えきれない部分を、言葉で補う???
あ、私にとっては、言葉も作品の素材でした。
私のレベルでは、もうあらゆる素材を駆使して伝えていくしかないのです。
今は、言葉と着物ですね。。。

|

« パーティーラッシュ1004 | トップページ | 日本酒 »

DIARY」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
無事に噂のブログを発見したので
ひとまず足跡のこします◎
明日からこれでもかってぐらい
じっくり読ませてもらいます。
またお会いできる日を楽しみに待ってます。

投稿: 浴衣ガールズその2 | 2007年10月12日 (金) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パーティーラッシュ1004 | トップページ | 日本酒 »